**************
動画と音楽
**************



iPhoneは、すでに発売されているiPodの、動画や音楽に関する機能も備えています。
動画と音楽は、iPod touchやパソコンと自動的に、シンクさせることができます。

■音楽
iPhoneでiPodを起動すると、まず曲の選択画面が表示されます。

画面下には、プレイリスト、アーティスト、曲名、ビデオ、その他の5つのジャンルがあり、この中から曲を選択します。

iPhoneを横向きにすると、アルバム単位のカバーフロー(ジャケット写真)の画面に、自動的に切り替わります。

このジャケット写真を指先ではじくようにすると、一枚一枚めくりながら、聞きたいアルバムを探すことができます。
そして、ジャケット写真をタップすると、アルバムの中の曲名が一覧で表示されます。

曲の早送り、巻き戻し、頭だし、一時停止などは、全て表示画面上を、タップするだけです。

iPhoneで再生できるファイルフォーマットは、次のようになっています。

・AAC
・保護されたAAC
・MP3
・MP3 VBR
・Audible(フォーマット1、2、3)
・Apple Lossless
・AIFF
・WAV
・H.246の動画

また、ポッドキャスト(音声コンテンツ)や、オーディオブックも利用できます。
ポッドキャストは、RSSの技術を使ってインターネット経由で、配信されています。

コンテンツには、最新ニュースや様々な学習教材などがあり、iPhoneでどのポッドキャストを転送するか、設定しておくだけで入手できます。

一方、オーディオブックは、iTunes Storeで購入でき、ビジネス書、ベストセラー文学、名作文学、学習教材などがあります。
何冊もの文学書や教材を、iPhone1台で手軽に携帯できるのです。

■動画
アップルとYou Tubeの提携によって、特別な設定もなくYou Tubeの動画を楽しむことができます。

もちろん、YouTubeだけでなくiPhoneで再生可能な、動画ファイルであればなんでもOK。

iPhone3Gは、第三世代の携帯電話の規格が採用されているので、動画再生も滑らかです。

iPhone付属のステレオヘッドフォンは、コードの途中に付いているボタンで、動画と音楽の再生、停止、早送りができ、ヘッドフォンをその都度、耳からはずす必要もありません。

再生できる動画は、H.264ビデオとMPEG-4ビデオで、ファイルフォーマットは
.m4V .mp4 .movのステレオオーディオです。

もし、iPhoneで再生できない動画の場合は、アップルのサイトからQuick TimeのProキー(有料)を購入すれば、iPhoneに適した動画ファイルに、変換することができます。

動画は、iPhoneでいろいろ検索したり、ブックマークの登録ができ、友人に気に入ったものを、メールで知らせることもできます。


◇iPhone3G 関連グッズ
第2世代のiPod touch. 丸みを帯びたボディで3.5インチスクリーン
   ▽
Apple iPod touch 8GB
前>webブラウザ
次>カメラ
home

(c)iPhoneナビ