**************
ホーム画面
**************



スリープ状態から、ロックを解除してiPhoneを起動すると、まず基本画面であるホーム画面が、表示されます。

ホーム画面には、機能別にウィジェット(パソコンでいえばアイコン)が、割り当てられています。

このウィジェットをタップ(軽くたたく)すると、それぞれの機能にアクセスして、iPhoneの画面に表示されます。

 <iPhone正面>
 iPhone正面

■1) 表示画面
3.5インチの液晶ディスプレイ部分です。

この表示画面は、圧力を感知する感圧式ではなく、指を電極とした静電式です。
このため、指先での操作はできますが、スタイラスペンや爪による操作はできません。

また、iPhoneに内蔵された加速度センサーによって、本体を横向きにすれば横画面になり、縦向きにすれば画面が回転して、縦画面に自動的に、表示が切り替わります。

このときボタンなどによる操作は、一切不要です。

ホーム画面は、最大で9つまで登録でき、後から機能を追加して、ウィジェットが増えても対応できます。

またウィジェットは、配置を自由にカスタマイズできるので、例えば、
・ビジネス用とプライベート用
・よく使う機能とあまり使わない機能
・シーズン別、ジャンル別
など、いろいろな使い分けができます。

■2) ウィジェット-A
上図のグリーン色のウィジェット部分は、以下のようなiPhoneに元々インストールしてあるものの他に、ダウンロードしたものを追加することができます。

ウィジェットの実例
・SMS(ショート・メッセージ・サービス)
・カレンダー
・写真(ライブラリー形式)
・カメラ(内蔵カメラ)
・株価
・マップ(Googleと連動)
・天気
・時計
・計算機
・メモ(メール機能付きのメモ帳)
・設定(iPhoneの環境設定)
・iTunes(音楽のダウンロードやパソコンとのシンク)
・Apple store
・YouTube(動画閲覧)

実際のウィジェットは、大きさは全て同じですが、色やデザインは各機能にマッチしたものになっています。
また、画面上には最大で16個のウィジェットを、一度に表示できます。

■3) ウィジェット-B
上図のブルー色の部分です。日頃よく使う機能である、電話、電子メール、インターネット、iPodの4種類のウィジェットが表示されます。
もちろん、追加、削除も可能。(ウィジェットは最大4個まで)

■4) ホームボタン
iPhone下部にあるこのボタンを1度押すと、すぐにホーム画面に戻ることができます。
操作で迷ったときや、他の機能にすぐアクセスするときに便利です。


◇iPhone3G 関連グッズ
1GBの容量に240曲を保存できるiPod shuffle
   ▽
Apple iPod shuffle 1GB シルバー MB225J/A
前>iPhoneの魅力2
次>電話とSMS
home

(c)iPhoneナビ