**************
GPSと地図
**************



iPhone3Gに、新しく搭載されたGPS機能で、Google Mapsが利用できます。
(地図や航空写真、あるいは両方を表示可能)

■現在位置
位置情報の信号を受信して、現在の位置を地図上に自動的に表示します。
もし移動しても、それがリアルタイムで更新。

iPhone3Gで使用されるGPS機能はA-GPSと呼ばれ、人工衛星、電話基地局、公衆無線LANの3つの電波が利用できます。

人工衛星の電波は位置情報が正確ですが、電波が届きにくい場所があります。

その場合は、電話基地局や公衆無線LANの位置情報を元に、現在位置が表示されます。

ただし、電話基地局や公衆無線LANは、人工衛星に比べ少し位置情報の正確さが劣るようです。

■目的地への経路
目的地を入力すれば、そこの地図が表示されます。

経路検索モードに切替えて、出発地と目的地を入力すれば、出発地点から目的地までの道順や所要時間が、表示されます。

また、移動した道順を記録できる、トラッキングと呼ばれる機能や、iPhone3Gで撮影した写真を位置情報をつけて、自動的に地図上に配置する機能もあります。

自動車で移動する場合、iPhone3Gを持参すれば、ナビゲーションの役割もします。

もちろん、市販されている本格的なカーナビほど、高機能ではありませんが、十分利用価値があるでしょう。

■Google Maps
Google Mapsを起動すると、地図と共に検索窓、ブックマーク、経路検索、地図表示、衛星写真、検索・経路リストのボタンが表示されます。

搭載された検索機能には、住所だけでなく、業種(レストラン、駅、ホテル)などを、検索窓に入力することができます。

入力に該当する場所には、地図上にピンが現れ、その位置が確認できます。
このピンには、吹き出し状の簡単なガイドも表示されます。

目的地がデータベースに登録されていれば、iPhone3Gから直接電話をかけたり、webサイトを見ることもできます。

iPhone3Gに表示された、地図や航空写真を見やすくするには、指先の操作で移動、拡大、縮小します。


◇iPhone3G オススメ解説本
   ▽
iPhoneを買ったら最初に読む本
前>メール
次>webブラウザ
home

(c)iPhoneナビ