**************
こんなiPhoneが2
**************



将来、こんなiPhoneが登場してほしい♪その2

■iPhoneノート
iPhoneや一般の携帯電話は、持ち運びが手軽なので、いつでもどこでも利用できます。

しかし、ただ1つ不便に感じるのが、表示画面が小さいことです。

iPhoneには、webサイトをフルブラウザで見やすくするための、マルチタッチ方式が搭載されています。
それでも、通常のモバイルパソコンのディスプレイの大きさには、到底かないません。

そこで、こんなiPhoneの利用方法を、考えてみました。

 iPhoneノート

普段、iPhoneを持ち歩くときは、iPhone単体で使います。
しかし、書類を書くときや大きな画面で、iPhoneの表示画面を見たいときは、組み込み式のノートにセットします。

上図のブルー色の部分は、スタイラスペンや指先で文字や絵が書け、そのデータは全てiPhone本体とシンクします。

またこの部分は、文字や絵を書くだけでなく、ディスプレイとしても利用できるようにするのです。

webサイトを見たり、送信されてきたファイルを表示、あるいは、アプリケーションソフトを利用するときに使います。
つまり、モバイルパソコンと同じ使い方ができるのです。

このような組み込み式ノートを、A4やB5など、いくつかのサイズを用意しておけば、そのときの用途に応じて、iPhoneを使い分けできます。
(ちょっと考えただけでも、楽しくなりませんか。)

■iPhoneが中継点
通常、携帯電話の通話やデータ通信には、携帯電話の中継点を経由して行なわれます。

しかし、iPhoneが普及して利用者が多くなれば、iPhoneを通信の中継点に、することができないでしょうか?

iPhone1台だけで、カバーできる範囲は限られているでしょうが、普及台数が多くなれば、中継点として利用できるのでは?

ちょうどインターネットと同じように、クモの巣状にネットワークを作って、通話できるようにするのです。

もちろん、自分がiPhoneを使っていないときだけで、たとえ中継点になっても、他人の通話やデータをiPhoneの所有者は、知ることはできません。

この方法は、天災で急に通話量が多くなって、回線がパンクすることを防ぐことができますし、電波の届きにくい所でも、iPhoneが周辺に数十台あれば、通信可能になるかもしれません。

そして自分のiPhoneを、他人の通信手段として提供する代わりに、その分の料金が安くなるのであれば、利用者も増えるのではないでしょうか。

実際に使う携帯電話の利用時間は、一体どれくらいでしょう。
24時間ずーと使っているわけがないのですから、遊ばせておくのは、もったいないというもの。

iPhoneを使っていない時に、他人に利用してもらい、料金が安くなるとしたら、とってもお得です。

*これは、あくまでサイト運営者の、想像で考えたものです。
詳しい通信のことは、専門家ではありませんのでご了承くださいね。

■iPhoneでホログラフィー
ホログラフィーとは、ディスプレイやスクリーンがない所に、立体映像を作り出す仕組みのことです。

もし、これがiPhoneで可能になれば、プレゼンテーションに使ったり、大画面で映画を楽しんだり、あるいは商品を、購入前にあらかじめ、立体的に見ることも簡単になります。

また、お年寄りや視力の悪い方は、目の前でわかりやすい立体映像を見ることができます。

*ホログラフィーの技術は、まだ研究段階で実用化までには、時間がかかりそうですが。

■iPhoneでセキュリティー
iPhoneで、自宅の施錠やセキュリティー管理ができ、おまけに身分証明、役所の手続きもできれば、一石二鳥です。

指紋認証や角膜認証のシステムを使えば、他人に悪用されることもなく安心です。


◇iPhone3G オススメ解説本
   ▽
iPhoneを買ったら最初に読む本
前>こんなiPhoneが1
home

(c)iPhoneナビ