**************
iPhoneの魅力1
**************



iPhoneは、多機能なことはもちろんですが、ユーザーの使いやすさが、非常によく考えられています。

ここでは、具体的な機能の紹介とは別に、iPhoneの操作に絞って、その魅力を取り上げました。

■ウィジェット
iPhoneを起動すると、最初に表示されるのが、ホーム画面です。
ホーム画面には、ウィジェットと呼ばれる小さな四角いアイコンが、表示されます。

このウィジェットには、1つ1つ別々のアプリケーションが、割りあてられています。パソコンのアイコンと同じように、すぐに機能がわかるデザインになっています。

そして、アプリケーションを起動するときは、目的のウィジェットを直接指先でタップ(軽くたたく)するだけです。

また、ホーム画面は最大9つまで登録でき、ウィジェットの配置も、自分の好みに応じてカスタマイズできます。

もちろん今までの携帯電話にも、アイコンを使った画面はありますが、カスタマイズできることは少なく、アイコンの種類も少ない場合がほとんどです。

■タッチパネル
iPhoneの操作は、表示画面を指先で直接ふれる、タッチパネル方式になっています。
今までの携帯電話のように、キーパッドをクリックしながらの操作とは全く違います。

ここで、あなたが携帯を操作する時を、思い出してみてください。
何度もキーパッドをクリックしないと、目的の場所にたどり着けないですよね。

たとえ同じページであっても、上から順番に何度もクリックが、必要なことが多いものです。

しかし、iPhoneのタッチパネルでは、目的の場所にダイレクトに指先で触れて、アクセスできるので何度もクリックする必要はありません。

無駄なクリックがないので、すばやくアプリケーションを起動したり、入力作業ができます。

■マルチタッチ
iPhoneには、2本の指を同時に使って操作できる、マルチタッチ機能があります。

言葉にすると、難しそうに聞こえますが、実はその逆で、iPhoneを操作する上での大きな魅力の1つで、とてもユニークなものです。

例えば、文字や画像が小さくて見ずらい時は、親指と人差し指を、同時にiPhoneの表示画面に触れ、2本の指を開くように動かせば、文字や画像が拡大表示されます。

逆に、2つの指を閉じるように動かせば、縮小表示されます。
これって、人間が普段行うことに似ていて、ごく自然な動作です。

その他にも、パソコンのキーボードと同じように、2本指を同時に使ったショートカットのような、入力操作もできます。

あるブログには、iPhoneを初めて使う人に、タッチパネルとマルチタッチの方法を一度教えただけで、操作をほとんど覚えて、すっかりiPhoneの、とりこになった人の記事も、載せられているくらいです。


◇iPhone3G 関連グッズ
新発売 iPod nano.アルミとガラスを曲面に仕上げたデザイン
   ▽
Apple iPod nano 8GB シルバー
前>各キャリア問合先
次>iPhoneの魅力2
home

(c)iPhoneナビ