**************
電話とSMS
**************



iPhoneが3Gに対応したことによって、日本でも通話ができるようになりました。

■電話
iPhoneがスリープ状態のときに、電話がかかってくると表示画面の電源がオンになり、表示されたスライドバーを右にスライドさせると通話できます。

電源がオンのときは、登録してある相手の名前が、大きく表示されます。
いずれも、そのまま電話に出るか、着信拒否するかを選ぶことができます。

iPhoneに、あらかじめ名前と顔写真を登録しておけば、着信時には両方表示されます。
しかし、未登録の相手の場合は、電話番号だけの表示となります。

複数の人と同時に通話ができる、カンファレンスと呼ばれる機能も装備。(オプション)

通話中は、内蔵された近接センサーで、表示画面の電源がオフになり、指や顔が触れることによる誤作動がありません。

また、iPhoneの市販アクセサリーで、bluetooth対応のヘッドフォンを使えば、ワイヤレスで通話ができ、自動車の運転中などは最適です。

■連絡先の取り込み
iTunesを利用すると、iPhoneの登録先の情報を簡単に、パソコンに取り込むこと(シンク)ができます。

マイクロソフトのExchange ActiveSyncに対応したiPhoneであれば、パソコンと同じようにメール、Webサイト、会社の関係連絡先、カレンダー、マップ、メモなどの他、様々な機能を利用できます。

■留守番メッセージ
iPhoneに録音されたメッセージには、相手の名前が一覧で表示されます。

大切なメッセージだけを選んで、ランダムに聞くことが可能です。
また、オプションで留守番電話サービスセンターで、伝言を預かってくれるサービスも提供されています。

■SMS
iPhoneのSMSは、吹き出しを使った対話形式で、メッセージが表示されます。

SMSというのは「ショート・メッセージ・サービス」の略で、短いメッセージを電話機能を使ってやり取りするときに、よく使われます。
日本では、ウィルコムのライトメールや、auのショートメールがよく知られています。

このSNSでは、メッセージを表示した状態で、iPhoneのコールボタンをタップすると、相手と直接電話で話すこともできます。


◇iPhone3G 関連グッズ
第2世代のiPod touch.丸みを帯びたボディで3.5インチスクリーン
   ▽
Apple iPod touch 16GB
前>ホーム画面
次>メール
home

(c)iPhoneナビ