**************
UMTS
**************



第三世代(3G)の携帯電話の通信規格は、大きく分けて5種類あり、UMTSはそのうちの1つです。

通信速度は
・静止時 2Mb/秒
・歩行時 384kb/秒
・高速移動時 144kb/秒

移動の有無によって、通信速度は変わってきますが、それでも第二世代の携帯電話よりも、高速な通信が可能になっています。

UMTSが使用している周波数帯は、地域によって次の3つがあります。

・米国、オーストラリア 850MHz
・米国 1900MHz
・アジア、ヨーロッパ 2100MHz

ソフトバンクから発売されるiPhone3Gも、このUMTS方式が採用されています。

現在、日本では、ドコモの「FOMA」、ソフトバンクの「SoftBank3G」、イーモバイルでは、W-CDWAという規格が採用されています。

ただ、UMTSはW-CDWAに、ヨ-ロッパのUMTS TDDという規格を加えたものです。
このため、W-CDWAの通信規格であっても、UMTS規格の携帯電話が利用できるのです。

(UMTS=W-CDWAと考えても、ほとんど問題ありません。)

なお、auは同じ第三世代ではありますが、CDMA2000という別の通信規格になっています。

*第三世代の通信規格が、5種類もあるのは世界各国の、携帯電話の状況が大きく違うため、1つの規格に統一するのが、困難だったためです。


◇iPhone3G オススメ解説本
   ▽
iPhone3Gで最強のケータイを楽しむ本
前>3G
次>Wi-Fi(ワイファイ)
home

(c)iPhoneナビ